2014年8月28日木曜日

告発、、、するZっ!怪盗中年★ PartⅢ

~前回からのぉ↑↑続きで思いもよらぬ展開に!!!~


(興味がおありになる方は、是非PartⅠから先にお読み下さいませ☆)

HP上の表記では、どんなデザインも自由自在!と謳われている「ダイレクト昇華プリント☆」で製作されるはずの商品が、実際はごく一般的な方式だと思われる「転写プリント★」で製作されたものであるという衝撃的★いやある意味ではそれを遥かに通り越えた、笑劇的★★★とも言えるであろうメールに辟易しながらも、どうにか平静を取り戻し、その日の内に、下記の内容で返信させていただきました。

「まず、プリント方式についてですが、これは御社のHPを閲覧して
 フルオーダー・ハッピを注文された顧客様は、私も含めおそらく
 100%の人が「ダイレクト昇華プリント」で製作された商品だと
 勘違いしているものと思われます。「転写プリント」で若干ぼやける
 云々という説明はどうも見当たらないようなのですが(あったら御免なさい)、
 もし、ないのであれば早急に簡単な謝罪文等を添えて、HPを訂正して
 いただくのが御社の今後の為にも良いのではないでしょうか?。       (原文より抜粋)」

これに対して、

「※※さまのご指摘の通り、HPの表記に関しましては
 適正な表示に変更するよう、確認・対応させて頂きます。

 そして、返送先につきまして、大変恐れ入りますが
 下記まで、もちろん着払いで結構ですので、ご返送下さいませ。
 
 弊社に届き次第、デザインの調整を行い
 確認画像にて、まずはご確認頂くかと思います。

 何卒よろしくお願い致します。                           (原文より抜粋)」

と、大変真摯な内容の返信を頂戴いたしましたので、拙の方でもこれまでの経緯は一旦水に流して、商品を返送しデザインを調整していただくことと相成りました。

そして5月8日、送信されてきた修正画像がこちら、

確認画像5

両袖のパターンを大きくしていただいて、これなら少々滲んだり、劣化したりしても大丈夫☆。

って、お~い、これ肖像画と歯車の画像が小さすぎるでしょ★

しかもこの位置、おもいっきり縫い目にかかっとるや~ん★

これをプリントしていただいても、今度は上記に指摘した箇所が悲惨な状態で出力★★★されるであろうことは火を見るよりも明らかでございます。
こちらの確認画像5を見た瞬間、そのあまりにも思慮の浅いデザイン修正にガックリと気持ちが沈んで、もうこのハッピの件は考えることさえも嫌になってしまいました、、、、、。

まだこの先の、ももクロちゃんのライブ、イベント等への参戦☆が決定していないのと、商品の代金は既に支払済みということで、とりあえずこの時点で、この案件は保留にさせていただきたい旨を、5月9日メール送信いたしました。



それから約1ヶ月後の6月14日、AE会員先行受付の抽選の結果、

ももクロ夏のバカ騒ぎ2014 日産スタジアム大会

が見事に当選☆、身内の当選分と併せて、幸運にも両日の参戦が決定☆いたしました!!!。
しかもそのタイトルは、
~桃神祭~

「祭りにハッピは欠かせないっ!!!」ということで、一旦萎えてしまっていた気持ちを奮い立たせ、現物が画像よりも劣化して全体的に暗いトーンでプリント・出力されることを想定した上で、極力そのことがが目立たないようなデザインを、拙が熟考し修正したのがこちら、

第3形態☆

下の第2形態と比べていただくとお分かりいただけるように、まず両胸の家紋、両肩のAE翼、背面上の蝶々ギリギリのバランスとスペースを保った上で拡大いたしました。
そして現物で劣化の目立った両袖のパターンスカルとクマを思い切ってカットし、その分、袖の肖像画は拡大して、左袖の歯車の画像は誠に遺憾ながら不採用にし、その位置にこれも前回非常に劣化の激しかったモノノフ道~」を倍近く拡大して配置することで、滲んでまともに字が読めない」といった問題を回避するように努めました。

こちらは第2形態☆
画像上ではやはり、こちらのバランスの方が美しいのですが、、、

また画像では分りづらいでしょうが、「MCZ」のモノグラム、両脇の「MOMOCLO BELIEVER」のロゴは微妙に線を太くしてやや拡大、両袖、裾の家紋、スカル、クマも1~2%単位で微妙に拡大しております。
最後に「行くZっ!怪盗中年」のロゴをやや拡大して左胸に配置してようやく完成!!!!!。
ももビリ・オリジナル・ハッピの製作を思い立った当初の、

「ド派手な配色でありながらもクールでシャープなイメージ


とは大分かけ離れて、結局大振りな画像を多用したデザイン★と相成りましたが、色の濃淡については、極力この画像に近い状態でプリント・出力していただけるようにお願いするしかないとして、現物の仕上がり具合を想定いたしますとバランス的にはおそらくこれがベストに近いものでありましょう☆。

この修正画像が完成した7月2日、各画像データを送付するのでそちらのフォーマットに変換して、
再度デザイン修正~製作をしていただきたい旨と、久し振りに閲覧してみたHPが改訂されずに、相も変わらず盛大に「ダイレクト昇華プリント☆」のみを謳っていることへの疑問(執筆当時)を、プランナーのAさんにメール送信いたしました。

HPは→ http://www.e-happi.net/print.html

が、翌日、翌々日にも返信がありません★

念の為、同内容をショップの方のアドレスに再送信いたしましたところ、7月8日になってようやく
返信をいただきました。
そのもう呆れて物も言えないような内容★★★がこちら、

「実は※※が先月末で退職した為、メールを確認できておりませんでした。

 大変申し訳ありません。

 細かい経緯などお聞かせ願いたいので、お手すきの際に

 私※※※宛てまでご連絡頂けますでしょうか。                  (原文より抜粋)」

はぁ~、なんじゃそら~!!!!!

客から代済みの商品を預かって保留している案件があるにも係わらず、何の連絡もよこさず、ましてやちゃんと引継ぎも行わずに退職、さらにまた別の担当に、いちいちこれまでの経緯を説明せなアカン、とは一体全体どういう了見なのか、、、。

メンドクセーーー!!!のを我慢して、とりあえず代々木店の方へ電話すると、このメールを返信したプランナーのBさんが新しく担当について折り返し電話をいただけるとのことでした。

数十分後に電話があり、これまでの事の経緯、特にプリント・出力の精度と方式に関するHP上の表記の問題等を言及いたしますと、な、なんと仰天したことに、このBさんはこれまでAさんがメールで送信してきた内容とは打って変わった、いやむしろ真逆の自社の正当性なるものを主張し始めたのでありました★。
こちらは電話中での会話ということで、その詳細をここに記することは出来ないのですが(録音しておけば良かったのですがそこまで気が回りませんでした)、拙が鮮明に記憶している内容で特に重要な部分は、要約すると概ね以下の通りでございます。

「ダイレクト昇華プリント☆」でも「転写プリント★」でもその仕上がりの品質に差はない、だから現在のHP上の表記を変更する必要性はない。
むしろ転写シートを使用する「転写プリント★」の方が、データから生地に直接プリントする「ダイレクト昇華プリント☆」よりも滲まない。

以上、もはや拙の常識を遥かに超えた驚天動地な言葉の数々でありました★★★★★。
これは本当に、このバンテックという会社としてのコンセンサスなのでしょうか?。
そしてこんなその場を取り繕うだけのような戯言が、本当に世間でまかり通るものだとお考えなのでしょうか?。

そしてなにより、このワシが納得するとでも思っとんのかっ!
このガキャああああああああああ!!!!!

元はと言えば素敵なオリジナル商品☆を製作していただけるはずが、送付されてきたのは何故か粗悪なコピー商品のような代物★だったという現実から、その技術力に対して疑念を抱かざるを得なかったのを発端に浮かび上がり、発覚することとなった2種類のプリント方式があるという事実を、「その看板偽り有りっ!!!」なHPを閲覧して、今後フルオーダー・はっぴの製作を依頼する、たくさんのモノノフさんを含むであろう顧客様全員には、一切明らかにせずに営業を続けて報酬を得るということに、この会社の人間は自ら疑問を抱くことがないのでしょうか?。

例えば、とある会社がジャガイモトマトナスビ3種類の野菜を自社で栽培・収穫し販売していると仮定いたしましょう。
ジャガイモは完全に無農薬で栽培☆いたしました。地上に実をなすトマトナスビも、無農薬で栽培☆しておりましたが、ある朝、立派に育ち始めたその実にたくさんの虫が付いていたので、駆除のためやむを得ず農薬を散布★することにいたしました。
やがて収穫の時期を迎え販売するにあたって、

「品質はみんな同じでべてもおいしいし、特に害はない」

から3種類とも、

無農薬の有機農法で栽培と表記して販売しておりますっ!!!

悪びれもせずのたまっている★★★ようなものだと、拙の感覚では思われるのですが、、、。

ハッピの内容からして、多少ナメられるのは致し方の無い事★★★でありましょうが、このような
茶苦茶なジョーカー★を切られたのではもう、この後の話し合いが平行線を辿るばかりなのは目に見えております。
またはっきり申しますと、このBさんの論調からは、

「なんとか上手いこと言いくるめて、丸く収めたいっ!!!」

という空気がありありと伝わってまいります。なので拙はふつふつと煮えたぎる怒りの感情★★★を堪えながら、あえてこのプリント方式の話題に関してはこれ以上言及せず、「後で再度HPを確認させていただく。」一旦スカす★★★★★ことにいたしました。

この時点で既にライブ当日まで20日を切っており、もうそれほど時間の猶予もないので、とりあえず画像データを送付しデザイン修正~製作を進めていただくということで電話を切りましたが、、、
抑えつけた怒り★★★のせいで、この日は就寝中、変な夢にうなされては何度も何度も目が覚めてしま★、まともに眠ることさえ出来ませんでしたっ!!!!!。

そして待つこと約1週間、7月14日にこちらの修正画像を送信していただきました。

確認画像6

?????の部分をご覧いただければお分かりのように、以前提示していただいた、

確認画像2の状態に逆戻りしてしまいました★★★★★

確認画像2

一体なぜ、この会社のデザイナーさんは、顧客から提示されたデザイン画を極力忠実に再現するという努力を怠り、自分勝手な視点で修正を進めてしまうのでしょうか?????。
以前に指摘して修正していただいた箇所が、またもや同じ過ちを繰り返して見苦しいデザインに
先祖返り★しているのを見た瞬間、

「どうにかこだわりのオリジナル・ハッピを完成させて着用し、~桃神祭~2連戦ではこれまで以上の氣愛を注入して、ももクロちゃんに声援を送らせていただきたいっ!!!!!」

という一心で、この会社のほぼ全局面における、もはや理不尽★と言っても過言ではない数々の応対に、我慢に我慢を重ねてこれまで頑張って積み上げてきたものがガラガラと崩れ落ちてゆく音が聴こえてまいりました。

加えてライブ当日まで、もう10日余りとまた前回のような納期の問題も発生するであろうという懸念もあり、これからデザインを再修正して、期日内に拙が許容できる範囲の商品を製作~納品していただくのはもう極めて困難だと判断、誠に残念ながら再製作は断念し、前回の商品を返送していただく運びと相成りました、、、。

当ブログ8/2付の記事でお伝えしたように、ズバリ「祭り」というコンセプトのもとで開催された
~桃神祭~には、両日こちらを着用して参戦いたしましたが、、、



品物そのものに対する妙な愛着感☆は湧いてきたものの、改めて客観的な視線から見てみますと、まぁ、やっぱり大分出来の悪い子★★★ということで、今後ももクロちゃんライブ・イベント等で着用するかどうかは全くの未定でございます。

最初に銀座店でいただいた見積書に記載されている、この株式会社バンテックのスローガンは、


人の想いをデザインする

という大変高尚、且つ崇高なものでありますが、

拙の想いは塵のように踏みにじられ、まるで数ヶ月間にも及ぶ悪夢をデザインされた★★★

かのような虚脱感と不快感だけが残されたのでありました、、、、、。


以上がももビリ・オリジナル・ハッピ☆の製作にまつわる一部始終でございます。

単純に「ハッピの出来が悪かった★。」ということであれば、このように結構な時間と労力を費やして長々と、また会社名を挙げてまで批判的な記事を書く必要もなかったのですが、特にプランナーの
退職~交代劇からの非常識な応対と、未だ改訂されていないHP上の表記に関してましては、完全に個人レベルの問題を通り超えた、

「一企業の経営姿勢・経済活動として社会的に容認されないもの」

と判断し、誠に遺憾ながら、拙がこの会社に関わってからの全過程を公表するに至りました。

所々で感情的な表現が含まれていることに関しては、何卒お赦しを願いたいのですがPartⅠの冒頭でも申し上げたとおり、この記事に関しては一切その内容を捏造したり、話を盛ったり★といったことはしておりませんし、これまでに公開させていただいた数々の修正画像やメールの内容からは十二分なリアリティーを感じていただけるのではないでしょうか?。

もちろんこの会社に諸々のオリジナル・グッズを製作していただき、その仕上がりに納得されている顧客様が大多数☆であろうことは理解している心算でございます。比較的簡単なデザイン、配色のものであれば十分に対応していただけることでしょう。

しかし、これから何か凝ったデザインでオリジナル・グッズの製作を検討中のみなさんは、拙の二の舞を演じることがないよう、HPの内容から得た情報を鵜呑みにするのではなく慎重に吟味を重ねた上で業者選びをされることをお勧めいたします。

特にTシャツやハッピ等の衣類を検討中の、オシャレなモノノフのみなさんは何かとこだわりも多いでしょうから、業者さんとしっかりとしたコミュニケーションを取りながら製作を進め、世界でただ一つだけの素敵なオリジナル・グッズ☆を完成させていただき、テンション☆MAX!!!でそれを着用して一期一会のライブ、イベント等に参戦し、どうか一生の記念に残るような楽しい想い出を作って下さいませ。

この記事に関しては、拙がこれまでに当ブログで公開してきたような、いたってしょ~もない個人的な内容のもの★だけではありませんので、その事実がなるべくたくさんの人に知られ、参考にしていただけることを切に願っております。
Facebook、Twitter、LINE等のSNSを活用されている方は、お時間の許す際に是非、率直なご意見、ご観想等(拙に対する否定的なものでも可☆)お友達やフォロワーさんに伝えていただき、それが広まることによって拙の体験談が少しでも誰かのお役に立てばこれ幸いでございます。

それでは3回にも亘る長文、また乱筆にて失礼いたしました☆。

そして最後までお読みになって下さったみなさん、本当にありがとうございました!!!!!。

次回はまた、どうでもいいっ!!!下らない内容の記事でお会いいたしましょう★★★★★。

0 件のコメント:

コメントを投稿