2014年8月6日水曜日

告発、、、するZっ!怪盗中年★ PartⅠ

「告発」、、、と言いますといささか大仰な表現★になってしまうのですが、当ブログでもう何度となく、
「クドいっ!!!」というほどの頻度で取り上げてまいりました、

ももクロビリーバー・オリジナル・ハッピ☆

誠に遺憾ながら、こちらの現物が大変残念な仕上がり★となってしまい、また再製作の方も頓挫してしまったということで、拙といたしましては、これまでの事の経緯を全て明らかにすることで、今後オリジナルのハッピ、その他のグッズ等の製作を検討中のモノノフのみなさんが、拙と同じような目に合わなくて済むようにと、ささやかな警鐘を鳴らさせていただきたい所存であります。
 

ブログを始めた当初の記事に顕著に表れているように、拙はしょ~もないネタを捏造したり★、話を盛ったり★するのが、「だいすき!!」でありますが、この記事では一切そのような事はせすに、事実のみを、ありのままに記させていただきたいと考えております。
幸い、業者さんとのやりとりの大部分はメールで残っておりますので、そちらも引用しつつ話を進めさせていただきましょう。

2014年3月6日、ももクロちゃんの国立競技場大会☆を目前に控えて、以前から「オリジナルのハッピを製作、着用してライブに参戦したいっ!。」とデザインを考えておりましたこちらを、

第1形態☆

ネットで検索をかけ、HPを閲覧~検討した数社の中から

「株式会社 バンテック」

を選んで銀座店のオフィスに持ち込まさせていただきました。

HPは→ http://www.e-happi.net/fullhappi.html

なにせ、このようなオリジナル・グッズを作るのは初めてということと、この時はまだ画像データの取り扱いについて完全な素人★であった為、プリント・アウトした用紙を持参してそれを見ながら、
直接、色々とお話を伺っておいた方が良いと考えておりました(厳密には背面の名札は別紙で持込み帰宅後に埋め込みました)。プランナーのAさんに担当していただける運びとなり、お話をさせていただいて、国立競技場大会には間に合わないということでしたが、この原画に5色の蝶々とクローバーを散らして配置等の諸々の要望は大丈夫、ということでサイズは中、生地は帆布で見積もり~
デザイン修正に入っていただきました。

3月11日、完成したデザイン画がメールで送信されてきました、それがこちら、

確認画像1

拙の原画とこちらとでは、かなり丈が違ったので、裾と両袖のパターンが様変わりしてしまっているのは致し方のない所ですが、このただ単に並べただけのような、、、

蝶々とクローバーの配置は絵心がなさ過ぎる★★★

特に、注目していただきたいのが両袖の蝶々、これ着用すると真横になるんでございますよ。

気持ち悪いでしょ、真横に飛ぶ蝶々★★★。

その他にも、「赤推し、かなこぉ↑↑推し」だと通しておいたにも係わらず、赤の蝶々が小さいっ!わ、前面の「終末オヤジン ももクロビリーバー」を江戸文字に変換、という要望は完全に無視されているわで、もう、がっかりもええとこDEATH★。

この時点で、「あまり気の利いたことはしていただけない。」と悟り、キャンセルという言葉も頭をよぎりましたが、ちょうどこの頃、AE限定イベント開催の為、4月下旬に西武ドームが押さえられているという噂がチラホラと聞こえてまいりました。
また、こちらの会社では「フルオーダーはっぴ」の製作において、縫製前の生地に直接プリントする
ダイレクト昇華プリントという方式☆を採用していると盛大に謳われており(執筆当時)、

http://www.e-happi.net/print.html

それならば、美しいデザイン、データを自分で作成することが出来れば、それがそのまま現物に反映されるであろうと一念発起国立競技場大会参戦後、今度は極力、緻密な画像データの作成と入稿を目指して拙がデザインしたのがこちら、

第2形態☆

まず、裾と両袖の5色のグラデーションの作成から始めパターンを並べ直し、空いたスペースには新たに多くの画像を追加しながらも、シャープなバランス感が保たれた「大人のハッピ☆」になるようにと意識して奮闘し、ようやく完成。「流石にここまで作り込んでおけば、もう後はおまかせしても大丈夫。」だろうと、各画像データをCDに焼いて、プランナーのAさんが異動されたとの連絡を受けておりましたので、4月3日、代々木店の方へ郵送いたしました。

右袖の肖像画風に加工した画像☆

そして待つこと10日間、4月14日に送信されてきたデザイン修正画像がこちら、

確認画像2

原画のバランスを見事に崩されたドッチラケなデザイン★★★へと変貌を遂げてしまいました。
特に、イラッ!と来るのが真ん中の?????の部分、拙はこのように前面で模様が切れるのは見苦しいと事前に判断した上で、あらかじめキッチリと収まるような下の画像をを提共しているのですが(第2形態も参照して下さい)、


ぬぁ~んで、頼んでもいないのに
こんな勝手なことをしてくれるのかっ!!!

正直、かなりカチンッとキターーー!!!のでちょっと強い言葉でメール返信いたしました。

「修正画像、確認させていただきましたが、残念ながら話にならないレベルです。
 今回、江戸文字のフォントの使用以外は、特別な事をお願いしたわけではなく、
 私の送付したデータをそちらのフォーマットに変換し、原画のバランスに基づいて
 並べていただければ良いだけだと思うのですが、多少のズレはあっても仕方ない
 とは言え、一体どうしたらこのような事態になるのか、全く理解に苦しみます。

 次回私が参戦する、ももクロちゃんのライブは4月27日です。
 当日までに間に合うように、そちらのデザイナーさんは、全力で氣愛を入れて
 修正に励んでいただけるのでしょうか?。                 (原文まま)」

これに対して翌日、デザイン修正を開始するとの連絡を受け、4月16日、修正画像3を送信していただきました。しかし、こちらもまだまだツッコミどころが多い★ということで、下記の内容を指摘の上、メール返信いたしました。

「あと数箇所、修正していただきたい点を挙げさせていただきます。

 ①裾のパターンは直していただけましたが、両袖も同様にお願いします。
 ②前面の「行くZっ!怪盗中年」をやや縮小、「モノノフ道~」をやや拡大して
  羽根と家紋の真ん中に配置(原画を参照して下さい)。
 ③前面のスカルの位置を上げて、文字とのスペースを確保(こちらも原画を参照して下さい)。
 ④江戸文字のフォントを、出来ればもう一回り細いものに(無ければこちらで結構です)。
 ⑤前面の家紋と、両肩の羽根ですが、そちらに送付したCDの画像データには下のように



  濃いピンクの枠線が付いているはずなのですが、どうも反映されていないように
  見受けられますので、確認お願いいたします。              (原文まま)」

以上を修正していただき、4月18日、送信されてきた確認画像4がこちら、

 
確認画像4

頑張っていただいて、ようやく原画のバランスに近いものに仕上りました、これならば十分に許容出来る範囲でございます☆。
こちらの画像4でお願いするということで、早速、製作を始めて下さるとのメールをいただきましたが、な、なんと記載されている発送予定日が、、、

5月1日 ※5月2日午前中着予定★


と、AE限定イベントを数日間も過ぎているではありませんかっ!!!!!。

しゃ~から、こないだ「当日までに間に合うのか?」と訊いたやろがー、

な、なめとんのか、この会社はーーー!!!
 
(次回へ続く、、、)

0 件のコメント:

コメントを投稿